SEALING BUSINESS

シール事業

RESEARCH AND DEVELOPMENT

研究開発

技術革新を生み出す研究開発

エア・ウォーター・マッハは、常に材料の配合・製造方法、そしてなによりもお客様が求める「理想のカタチ」と真摯に向き合い、その進化する現場ニーズに応え続けるため、品質の維持と向上を目指した研究体制を構築し、活動しています。また、隣接するエア・ウォーター総合研究所との共同研究も積極的に行い、新たな価値を感じていただける製品展開を行っております。今日よりも明日、その先の未来のために、私たちエア・ウォーター・マッハの開発者たちは、飽くなき研究開発を続けていきます。

液晶・半導体装置向け材料の開発

従来から液晶・半導体装置向けOリングとしてお客様にご支持いただいているエコーパーフロに続き、耐熱性・耐薬品性・耐プラズマ性に優れたポロロッカブランドを展開しております。過酷な使用環境の多いハイテク分野向けブランドとして、着実な足がかりを築いています。

エコーパーフロ

エア・ウォーター・マッハ独自開発の超高性能フッ素ゴム。従来のフッ素ゴムの特性を保持しつつ、従来ゴムでは不可能だった過酷な条件下においても使用可能。

ポロロッカ

エア・ウォーター・マッハのテクニカル・ブランド、液晶・半導体製造装置向けOリング「ポロロッカ」。耐熱性、耐薬品性、耐プラズマ性等、過酷な化学環境と要求に対応。

ゴムと異種材料との複合品の開発

ユーザーの使用環境によっては、ゴムでは温度や薬品などの耐久性が不十分な場合があります。この欠点をカバーし、素材の特徴を引き出すため、金属・樹脂などとの複合製品が存在します。異種材料とゴムとを複合するため、様々な表面改質材料や接着技術の組合せが必要となります。Oリングとは異なる分野ですが、様々な業種のお客様にご好評をいただいております。

消火栓

部位
ボールバルブ
複合材料
ゴム+テフロン+金属

酪農関係

部位
自動搾乳ロボット
複合材料
ゴム+テフロン+金属

ガス発生装置

部位
水電気分解電極板
複合材料
ゴム+金属

製品分析・耐性評価・材質測定などに対応

特殊分析機器やドラフター設備を用い、
お客様のご要望にお答えした製品分析・耐性評価のサポートをいたします。

加熱発生ガス・有機系ガス成分分析

分光光度計

成分元素・構成比率分析

耐オゾン性検査機

走査型電子顕微鏡

引張試験機

PRODUCTION AND QUALITY MANAGEMENT

生産・品質管理

変わらない絶対品質

「高品質な製品をお届け続けること」を確実に実行するために、国内・海外の工場でISO9001を認証取得し、全てのプロセスにおいて適用しております。工程におけるトレーサビリティーはもちろん、お客様からのお問い合わせ・製品分析・工程解析などの情報をあらゆる工程にフィードバック出来る体系や、製品開発から設計・金型製作・材料・成型・検査・包装までを一貫して行う生産体制も実現しています。その中で、成型や検査工程に「自動化ライン」を構築し、お客様に一定品質の製品を提供しています。

一貫した生産・管理体制で、高品質な製品を生み出しています。

お客様の視点に立って、高品質な製品を安定的に供給することが生産現場の責務です。エア・ウォーター・マッハは、製品設計・金型製作・成型・包装に至るまで自社内での一貫生産体制をとり、お客様に喜ばれる高品質な製品を生産しています。

混合練

システムと連携して、熟練した技術者が練り作業を行っています。

成型

先端の自動成型機による生産も行っています。

製品検査

自動検査装置により高精度な検査を行っています。

クリーンルームで生み出される高機能製品

2008年5月、半導体・液晶用途の高機能製品生産をメインとするクリーンルーム仕様の第2工場が完成しました。第2工場は高機能製品向けに、より高い品質の確保と環境を整備した工場で、材料混練から製品包装に至るまで、クリーンルーム内での一貫生産体制をとっています。また、新設備を導入し、パーフロロエラストマー製品生産能力の増強のほか、高機能製品のクリーン仕様対応を可能にしました。

エアシャワー

混合練

成型

洗浄

製品検査

包装