防振鋼製吊金具 ダンプキング

ダンプキングは住宅の天井を吊る金具です。従来は木製で施工に技術を要し、施工後の高さ調節が困難でしたが、ダンプキングは施工時の仮固定が容易な上、施工後の高さ調節も簡単です。
また、特許技術と特殊ゴムの採用で、高い防音性があります。
  

高い防振性

特許取得技術の高耐久特殊ゴム設計で、上下階の振動の伝わりを抑制します。(特許第4020684号)
木製吊木に比べ、10dB(デシベル)以上音を低減します。(10dB以上低減で、体感音量が約半分になると言われています)
【振動比較】
住宅の床衝撃音遮断性能に求められる周波数は、重量床衝撃音では63Hz帯域、軽量床衝撃音は200Hz~1,000Hz帯域(構造躯体によって異なる)での制振性能が求められます。
ダンプ160

ダンプ290

簡単施工

梁受金具の仮止爪、野縁受金具のガイド爪により、仮固定が簡単です。
  

高さ調節が簡単

高さ調整はターンバックルを回転させるだけ。
本体の大部分を四角く成形しているので、どこにでもスパナ掛けができ、作業効率が向上します。
また、施工後でも高さ調節が可能です。
  

高い耐久性により安全・経済的

高耐食性の表面処理により、防錆製に優れています。
  

規格と寸法

記載の無いサイズもご用意できますので、お気軽にご相談ください。
品名 材質 調整範囲 引張強度
KN
(Kgf)
入数
調整範囲製品外寸
(mm)
施工可能最大内寸
(mm)
ダンプ160 鋼製 180~220 160 1.96
(200)
40
ダンプ290 鋼製 250~354 292 1.96
(200)
40

施工手順

※鋼製吊金具は部屋の中心部から取り付け、そこから天井野縁レベルの調整をしてください。
1.鋼製吊金具の野縁受金具を完全に伸ばします。
2.野縁受けに野縁受金具のガイド爪を合わせ、釘2本で固定します。釘はN32以上のものをご使用ください。
3.梁受金具の仮止爪をハンマーで梁に固定します。
4.梁を仮止めしている梁受金具を釘2本で固定します。釘はN32以上のものをご使用ください。
5.ターンバックルを回転させてレベル調整をします。
6.レベル調整後、ロックナットを締めて固定します。
※仕様等は製品改良等により、予告なく変更する場合があります。